トイレ研究所

小さい頃、地震が来たらトイレに逃げなさい!と言われたことはないでしょうか?四方を壁や扉に囲まれたあの小さな空間は、居間や寝室などと違ってつぶされにくく、万が一閉じ込められても水道が通じていれば水が手に入るから、という理由だったように記憶しています。さて、そのトイレですが、その家庭によってトイレも全然違うことに、同じように小さい頃とても衝撃を受けた覚えがあります。トイレの基本は便器。便器にも様々な種類がありますし、便器だけがぽつんと置かれているトイレがあれば、洗面台が備え付けられているトイレもあり、棚が備え付けられているトイレもあれば、男性用小便器があるトイレもあります。中には6畳ほどの広いトイレがある友人のお家もあり、とても落ち着かない覚えがしたことも覚えています。ラブリーに飾られているトイレがあれば、必要最低限のものしかないトイレ。掃除が行き届いているトイレに、そうでもないトイレ。良い香りのするトイレがあれば、どうも苦手なにおいがするトイレもありました。そう、たかがトイレ、されどトイレ。トイレというものは、なかなか奥の深いものなのです。そんな中、トイレ研究所というものがあることを知りました。「トイレ」をとおして社会をより良い方向へ変えていくこと、をコンセプトにしている、非営利団体(NPO)なのだそうです。そういえば、少し前に「トイレの神様」という歌がはやりました。昔からトイレにまつわる言い伝えも多くあります。このサイトでは、そんなトイレについて、トイレ研究所を通して学びます。

 

<注目サイト>
・トイレを丸ごとリフォームすると、更にお買い得になる、トイレの施工会社です ⇒ トイレ 施工
・トイレやキッチンなど水回りのリフォームは高額です。だからこそ、低金利な住宅ローンが便利です ⇒ 住宅ローン